愛煙家にとっては辛い生活環境になってきましたね!!喫煙所について考察してみた!!

喫煙

スポンサーリンク

Pocket

自分は喫煙者だ!!

過去に何度か禁煙を試みたが、ことごとく失敗に終わった。3か月位続いた禁煙もあったがダメでした。

ま、意思が弱いだけでしょう!!

今は家の中でタバコを吸うことはしないし、車の運転中も吸わない。基本、喫煙所もしくは周囲に誰もいないような場所で吸っている。タバコを吸わない人に迷惑を掛けないように心掛けているつもりではある。

スポンサーリンク

何でタバコを販売するんですか?

自分は心の中で思っている。近年は職場が社員の健康管理を義務付けるような制度があり、国は国民に健康で長生きできるようにと綺麗ごとを言っているが、個人的に思うことは、「煙草を吸っている人には税金払ってもらって、早く死んでもらった方が良いんじゃないんですか?」と思ってします。勿論、自分も喫煙者なので早死にで構いません

良く肺がんになると医療費が高くなるとか国の言い分はわかるが、「長生きする方が国にとっては負担ではないのですか?」と言いたい。何せ長生きする方が生涯に掛かる医療費や年金の負担が大きいのでは?っと思ってしまうのですが。

そんなに喫煙者を邪魔者みたいに扱うのであれば、タバコの販売を規制すれば良いはず。簡単なこと。

綺麗ごとばかり言ってるのは如何なものなのか?

喫煙者は非喫煙者に受動喫煙をしないようにする心掛けは必要だ。これは当然のマナーであると思っている。税収が減るからという理由なだけで、微妙なタバコの価格の値上げは如何なものなのか?

どうせなら1本1万円位にすれば良いのに。

もしくはタバコの販売は違法にするか。

何故、これは出来ないのだろうか?

東京オリンピックに向けて喫煙のあり方が議論されているが、なんであんなに中途半端な議論になるのだろうか?不思議でならない。

タバコを吸う場所どうこうって何なんだ?

一体、政治家は何をしたいんだろうか?

自分ならタバコの値段を安くして、沢山の喫煙者を増やして長生きしないように仕向けた方が国のためのような気がするのだが・・・。

間違っているのかな?こういう極端な考えは。

そもそもタバコの税収を期待している国のあり方が問われているのでは?

タバコの税収で何故、非喫煙者に迷惑を掛けないような喫煙所を整備しないのだろうか?

タバコの税収って何に使われているんだろう?

誰も知らない。

本来は喫煙者と非喫煙者のお互いが心地よい環境を整備するためにタバコの税収を使うのが当然の事と思うのですが。

これって間違ってます?

喫煙者として思うことは

非喫煙者に迷惑を掛けずに気持ちよくタバコを吸いたい!!

ただ、これだけなんだけどな。

都内に行くと、タバコを吸える場所を探すのに一苦労である。もう少し何とかならないものなのか?喫煙所の整備がきちんとされてないから、適当な場所でタバコ吸って吸い殻が道端に捨てられている。

もう少し喫煙所をタバコの税収で整備しても良いのではないですか?

政治家の方はどう思っているのだろうか?

狭い飲み屋は喫煙OKって言う法案はどうなのですか?

これ非喫煙者にとっては嫌ですよね。

あ~あ、どうなってるんだJAPAN!!

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です