「トットちゃん!」女優・黒柳徹子の半生とその家族の物語が意外と面白い!

平和

スポンサーリンク

10月からテレビ朝日系列で放送されているドラマ「トットちゃん!」が意外と面白い。毎日録画しておいたものを夜に妻と子供達が見ているのだが、つられて私も見ています。

このドラマですが「女優・黒柳徹子の半生とその家族の物語」なのですが、戦時中の状況と復興していく日本が既に放映されています。今後どのような展開になっていくのかは分かりませんが、「女優・黒柳徹子」が何故厳しい芸能界で今も元気な姿を見せているのか?その原点が伺えるようなドラマです!

普通の叔母さんと思っていたら、只者では無かったみたいです

スポンサーリンク

「トットちゃん!」は世代に関係なく面白い!

このドラマですが戦時中の事を今まで放送してきました。そして丁度、戦後の日本になった場面に突入しました。このドラマ、戦時中の事を描いたというのが素晴らしい。子供でも戦争が大変な事なんだと感じるようです。戦争を体験した人しか戦争の本当の悲惨さは分からないかもしれませんが、少なからず今の子供達が「戦争は必要ない!」と感じてくれただけでも価値のあるドラマであると思う。

ドラマの中で戦争の悲惨なシーンは少なく、わかりやすいドラマである為、子供達も受け入れやすいドラマのようです。これがあまりにもリアルがありすぎる表現だと子供が惹いてしまうのでしょう。

ドラマの表現が適度で良いと思います!

戦争を語ることが出来る芸能人は貴重な存在!

恐らく戦争を経験したことが無い人間が戦時中の事を語っても説得力に欠ける。だからこそ今、現実に生きている「女優・黒柳徹子」を描いた事に意味があるのかもしれない!

人の原点(ルーツ)を知ることは意外と面白い!

TVを見ていると黒柳徹子さんは大物すぎて、リアルに目の前に居たら話ずらそうな人であるような気がしていましたが、このドラマを見ていると黒柳徹子さんは意外と明るく前向きな人、そして親しみやすい人柄である印象を受けました。

周りの人を明るくしてくれる存在のようです!

大御所である理由が理解できます!

子供のころより黒柳徹子さんは何故TVに出演しているのか?私はよく知りませんでしたが、女優だったんですね。そのこと自体が驚きでした。髪の毛に飴を隠している叔母さんにしか思ってませんでした。スイマセン!

芸能界で生きるべくして生まれてきたような存在。そういうモノを持っていたようです。それは生まれ育った環境がそうしたと言っても過言ではない。

やはり人の成長に環境は大切だと痛感させられますね。そして、本人の努力も勿論あったとは思いますが。

たかがドラマですが侮れない!

TVドラマでも学ぶべきことがある。作成に関係した方々に感謝ですね。普通なら「なんで黒柳徹子さんのドラマが作られるの?」って思うところですが、実際に見ると感想は変わるはずです。

我が家の子供達が夢中になる位ですから。何か感じるものがあるのでしょう。子供が見ても大人が見ても面白い!

最近こういうドラマ少なかったような気がします。世代に関係なく面白いと思えるドラマが。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です