SEO対策高機能テーマから公式テーマ「Twenty Twenty-One 」を試してみた。

SEO対策高機能テーマから公式テーマ「Twenty Twenty-One 」を試してみた。

 Wordpress公式テーマである「Twenty Twenty-One 」が正式リリースされました。ここ数年の公式テーマは1カラム仕様ということもあり利用者が少ないんですかね。最近は同じようなデザインのサイトが多く、人気の高機能な野良テーマを使用する人が多いのでしょう。人気の野良テーマと言うと色々なサイトで紹介されており、数えるくらいしかありません。

こうなると同じようなデザインのサイトが増えるのも当然です。

確かに公式テーマとは違い、高機能だしSEO対策も万全だし言うことないのですが、私には何か物足りなくなってきてしまいました。

ちょうど良いタイミングで「Twenty Twenty-One 」がリリースされたので、ちょっとコレを試してみよう思いました。

同時にWordpressのテーマ選びについて書いてみようと思います。

WordPressのテーマ選び

WordPressのテーマはどれが良いのか?

これは人それぞれですよね。サイトによっても違うし。なんでも良いと言うことではありませんが、自分が気に入って読者に見やすいテーマが良いんですかね。

あとは多くの人が利用しているテーマは情報が入りやすいので、カスタマイズで分からないことを調べやすいですかね。

また公式テーマと野良テーマではメリットデメリットあります。最近は野良テーマを利用される方が多いんですかね。

公式テーマのメリットデメリット

『メリット』

  • 安全である
  • 公式テーマ同士ならテーマの変更が比較的にスムーズに行える(公式テーマはテーマの中にプラグインでやるべき機能を実装していないため、デザイン的要素中心に構成されている)
  • 人気のテーマは情報が入りやすい

『デメリット』

  • カスタマイズするのに技術的なことを知っている必要がある
  • テーマでできない機能はプラグインの導入を検討する必要があり、プラグインの使いすぎでサイトが重くなる可能性がある

野良テーマのメリットデメリット

『メリット』

  • テーマだけで色々な設定ができ高機能である(カスタマイズが不要となる)
  • SEO対策やスマホ対応されているものが多い
  • 人気のテーマはサポートがしっかりしている

『デメリット』

  • 無料のものもあるが有料のものが多い
  • 安全であるか調べる必要がある
  • 他テーマへの移行がスムーズにいかない可能性がある

結局どちらを選ぶか?

WordPressを深く知りたいなら間違いなく公式テーマを選ぶべきです。テーマで実現すべきこと、プラグインで実現すべきことの違いが理解できます。

また将来的にテーマ作成してみたい、プラグインを作成したいなんて考えている人は公式テーマでカスタマイズすることを考えた方がいいかもしれません。

プログラミングとか分からないし記事を書くことに集中したいから、カスタマイズが不要なテーマを使いたいと言う人は安全が確認されている野良テーマを使いましょう。

自分が好きなの選べばいいんですよ。

「Twenty Twenty-One 」はどう?

このテーマ使い方によっては面白いんじゃないかと思うんです。雑記系のブログには何となく合いそうな気もしますがどうでしょうか?

私が少し気になった点

  • 記事のタイトルがデカすぎ
  • アイキャッチ画像の表示がデカすぎ
  • パソコン表示の場合、横にもう少し広がり欲しい

なんだろうなんでもデカすぎる感じ。スマートフォンをメインに考えているんですかね。まだ機能的には分かりませんが、今のところこんな感じ。

こういうデザインのサイトってあまり見かけないから、意外と面白いんじゃないかって思うのです。世界共通のテーマは奥が深い。

ブログ運営カテゴリの最新記事