自動車は長く大切に乗ろう。革製シートカバーで使用感・高級感が全く違います!

革製シートカバー

スポンサーリンク

田舎に住んでいる為、地域柄ですが車は一人一台が当たり前200m先のコンビニに行くにも車を使用します。通勤も車が当たり前。そんな地域に住んでいます。田舎に住むことって結構不便ですよ。バスはあっても1日数本。都内に電車で行く場合は駅前のコインパーキングを利用して。

こんなこともあり都心に住まわれている方とは違い、自動車に掛かる費用が馬鹿に出来ません。だからこそ1台の車を長く乗ります。あと半年で私の愛車も10年目です。しかし今の車に使用されている技術って凄いですね。今でも新車のような輝きが維持できています。三男が誕生と同時に購入した車なので思い出も多く、三男が高校を卒業するまでは乗ろうと思っています。あと10年かな。

そんなこともあり、点検もコマ目にしており消耗部品は他の方よりもやっている方じゃないかな~っと思っています。よく13年超えると税金が高くなるとか言って買替する人多いですけど、よ~く計算すると買替する方が費用掛かりますよ。車って乗りつぶしてナンボです。きちんとメンテナンスさえしていれば日本車は簡単には壊れません

何せ、日本の中古車が海外で売れているんですからね。日本人が限界と思っている車が海外では元気に動いている。皮肉なお話です。20年20万キロ位は余裕です

スポンサーリンク

もし車を購入したらするべきこと

革製のシートカーバーを取付けると良いですよ。ネットで調べると車種にピッタリサイズのシートカバーが販売されています。これが意外と侮れなくて、車種専用の革製シートカバーですが、最初から革製のシートなんじゃないかと間違える位の完成度のものが販売されています。3万~5万もの位だと思います。ミニバンだとシートが多いので5万位でしょうか。

革製にしておくと良い事は、子供が車で飲食した際にこぼしたものがシミにならない。そして高級感が味わえると言ったところでしょうか。私は新車購入と同時にネットでシートカバー専門業者から購入車種専用のものを購入して取付けしました。

本当にピッタリサイズすぎるので取付が大変ですが、もう10年利用していても色あせを感じないので、やはり革製は良いです。

あとは小物類は本人次第ですね。ごみ箱とかカップフォルダーとかは必要に応じて購入する感じでしょうか。

長く車を乗るのにしていること

ちょうど車を乗り換えて10年経過しようとしている。来年の3月が丸10年なのだが、この時に今からどこに手を入れるか思考中です。走行距離数はそれ程でもないので、消耗品で買える必要があるもの。一体何があるだろうか。バッテリーは自分で替えるとして、「エンジンマウント」かな?最近振動が大きくなってきたような気もするしな。「ショックアブソーバー」は一昨年社外品に替えたしな。「オルタネーター」は10万キロのタイミングで良いとして。・・・みたいに私は車検の年ではない1年点検で色々な部品を交換するようにしています。ミッションオイル」とか「パワステオイル」って皆さんメンテナンスしてないですよね?本来は5年に1回やるべきオイル交換!

日本人は「エンジンオイル」だけは何故か替えるけど、他にも変えるべきオイルってあるんですよ。13年で買替する人には無縁の話ですが。

点検は1年に1度やった方が良い

車検は2年に1回なので、2年に1度しか点検していない人多いと思いますが、私のように毎日の足になっている車なの、毎年点検しています。そして車検とずらして大きな部品交換などを行います。車検と同時にやると一度にでる出費が大きすぎるからです。タイヤも冬タイヤ・夏タイヤの履き替えは自分でやっています。結構、面倒なんですよねタイヤ交換。

あ~そうだ。スタッドレスタイヤがあった。次のシーズンギリギリ持つかな?そろそろマズいかもしれない。冬にしか履かないけどもう5シーズン使った様な気がする・・・。タイヤも安く上げるために違法にならないインチダウンしてます。純正が18インチタイヤって維持費が大変ですよ。夏タイヤも16インチにダウンしてます。

あ~あ、車って持っているだけでお金が掛かる。そういう意味では田舎に住むって大変ですよ。高齢者になったら運転も出来ずに買い物にも行けない。なんて住みずらいのだろうか?都会で生まれ育って都落ちした人間にはそう感じる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です