アフィリエイターの9割が1年で挫折していく現実。継続こそ力なり!!

広告

スポンサーリンク

Pocket

ネットで「アフィリエイト」の事を調べるとアフィリエイターの9割が1年で挫折するらしい。恐らくアクセス数がアップせず、広告収入が思うように入ってこないからであろう!!

実際に自分も本格的にアフィリエイトに取組むのは初めてなのだが、過去にアメーバーブログの分野別ランキングで1位を競うようなブログ運営をしていたことがある。今では過去の事であるが。

あのようなブログサービスの場合は更新を欠かさす、他のブログの方とコメントで交流し合えばそれなりにアクセスがあるものである。しかも会員は他の興味あるブログを探してくれるような仕組みになっているため、ブログを更新するだけでちょっとしたアクセスは必ずあるもの。

しかし、独自ドメインでサイト運営するとなるとそうはいかない

スポンサーリンク

独自ドメインサイト運営は継続することが大切

自分が感じることは、有名ブロガーの独自ドメインサイト等をみていると、記事のまとめ方も上手いのだが、多分それだけではない。圧倒的に記事数が多い!!皆様数年掛けて蓄積してきた結果であって、最初から稼げていたわけではないはず。しかも記事の内容が充実しているかと思えば、取り留めもない日常生活を綴っているだけのものもある。多分、記事が多くなることにより、Google検索で引っ掛かるキーワードが多くなるのだと推測する。

それと閲覧してくれた方が再度訪問してくれるような記事作成をする必要がある。リピーターってやつです。折角訪れてくれたユーザーにブックマークして貰えたら最高である。

テレビ・ラジオなどのメディアと変わりません

アフィリエイトはテレビ・ラジオなどのメディアが無料でユーザーに情報提供しているのと仕組みは変わらない。要はユーザーが欲しい情報を提供すれば、必然とユーザーは集まってくるのである。記事が少ないうちは情報量も少ないため、なかなかアクセス数が望めないが、有益な記事が多くなれば勝手にアクセス数は増加するはず。だからこそ自分の得意分野で情報発信しるのが一番良いのだ。

アフィリエイターとして活動するのであれば、新聞記者にでもなったつもりで本気で文章を作成しないといけない。そういう姿勢がサイトのデザインや見栄え、そして信頼されるサイトなのかという評価へ繋がっていくのだと思う。そんなに簡単に稼げる世界ではありません。皆さん努力と工夫しているような記事が必ずありますね。

広告媒体が違うだけでテレビ・ラジオ・Youtube・サイト、全て収入の仕組みが違うだけである。テレビ・ラジオというのはタレントを使うので有名人が出ると言うだけで視聴率が上がる。無名な人間はYouTubeやサイト運営で広告収入を得るには、下積み芸人のように努力しないと這い上がれないのだ。

バナーだらけのサイトは辞めた方が良い

幾ら広告収入を得ると言っても、1ページに30個位のバナーを貼っているページを拝見することがある。お小遣い系のサイトに多いんですけどね。あれ、辞めた方が良いですよ。もしやるのであれば、全てのお小遣いサイトの特徴(メリット・デメリット)を掲載し、お勧めはどれなのか?がわかるようにした方が良い。

あからさまに広告をクリックして下さいと言わんばかりのサイトは、恐らく見栄えが良くない。適度にあるのが丁度いい。良い情報を掲載していれば、自然と広告バナーも押したくなるんじゃないかな?ユーザーも。

場合によっては「Google Adsense」だけでも良いかもしれません。

最低でも記事数が100は無いとアクセスは望めない

自分が一番最初に起ち上げたサイトが100記事超えた位なのですが、50記事の時と100記事の時ではアクセス数は全然違います。有名ブロガーたちは何年も掛けて記事を作成していきているので、やはり違いますよ。

1日1記事を作成して行けばいいんです。いきなり沢山の記事を作成しようとしてもサイトデザインを色々弄りながらやる作業となると思うので、少しずつ継続していくことが一番の近道ではないかと感じています。いきなり何でもかんでもやろうとしても上手く行かないと思いますよ。

むしろデザインよりも内容に拘った方が良いです。サイトのタイトルもそうですが、記事のタイトルの付け方、記事の内容、記事中のヘッダーにするタイトルなど、文章構成に拘り、少しでも分かりやすく。

これが難しいんですけどね。

このサイトは自分が自由に自由なことを記事にしているだけのサイトなので、全てが適当なのですが。すぐに結果は出てこないので継続することが大切なんだと思いますよ。

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

Pocket

スポンサーリンク

“アフィリエイターの9割が1年で挫折していく現実。継続こそ力なり!!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です