手帳のおすすめは「ほぼ日手帳」、書き心地最高「トモエリバー」

手帳のおすすめは「ほぼ日手帳」、書き心地最高「トモエリバー」

12月にもなると来年の手帳をどうしようか?

って悩まれる方が多いかと思います。何故かわかりませんが、毎年同じシーズンに悩むんですよね。以前私はポケットサイズの「NOLTY」と言う手帳を毎年利用しておりました。この手帳は比較的安価で使いやすいので、悩んだらコレを買っておけば間違いないモノです。

しかし数年前、LOFTで「ほぼ日手帳」を手にする機会がありました。この手帳は私が今までに見たことがないような手帳でした。

簡単に言ってしまうと

「なんとなく書きたくなる手帳」

っていうような印象でした。

特に紙質にはビックリしました。肌触りが良いんですよ。((´∀`))ケラケラ

この紙はペンが気持ち良く動くんですよ。これは体感しないと分からないと思います。こんなに書くことが楽しくなりそうな手帳は、その時に初めて出会いました。

「ほぼ日手帳」はおすすめです!

私もこれまでに色々な手帳を使用してきました。そんな中でも「NOLTY」は比較的長い期間愛用しておりました。恐らく10年近くNOLTYの同じ商品を毎年購入して使っていました。NOLTYもおススメなのですが、ほぼ日手帳はもっともっとおススメです。

長いこと愛用していた手帳があるのに、「ほぼ日手帳」に出会ってしまったら手帳に対する考え方が少し変わってしまったような気がします。

スケジュール管理やToDoリストを手帳に書き込むだけならNOLTYは十分満足できる手帳です。しかし、ほぼ日手帳は何かが違う。

日記みたいな使い方もアリ

そう、ほぼ日手帳は日記みたいな使い方もアリなんです。通常の手帳ですとそういう使い方はあまりしないと思うのですが、ほぼ日手帳は違う。

1日1ページって言うのがそういう使い方もしたくなるんですかね。

私の場合は日記は記載しませんが、その日の記録をするのに重宝しております。記述スペースが意外とあるので色々書けますよ。

ちなみに私はほぼ日手帳のA5サイズ「カズン」と言うモノを利用させて頂いております。購入する時にA6サイズと迷ったんですが、大は小を兼ねるというコトでA5サイズにしました。

A5サイズかA6サイズかは個人の好みなので、実際に見てみて気に入った方を使えば良いんだと思いますよ。

最高級の紙質「トモエリバー」

ほぼ日手帳で一番気に入っている点は紙質です。「トモエリバー」と言う紙らしいのですが、書き心地が最高なんです。

これは実際に書いてみないと分からないと思います。

そんなことは手帳に求めていない人にはどうでも良い話かもしれませんが、意外と書いてみると気分良くなるモノですよ。

恐らく、この手帳は紙に拘ったんだと思うんです。もしかするとこの紙を使っているから高価なのかもしれません。

ほぼ日手帳の利用者って手帳への拘りが強い人だと思うので、紙質は重要なコトだと思うんですよ。

使い方は人それぞれ

このほぼ日手帳ですが使い方が色々あるようです。使い方に個性がでるようで、そのあたりも人気の秘密なのでしょう。

公式ガイドブックもあるので使い方の参考にすると良いかもしれません。

またほぼ日手帳用のアイテムが豊富です。アイテムは手帳を便利に利用するのに役立つし、使い方にオリジナリティも出てきます。

こういった人それぞれ個性的な使い方が出来る手帳って素晴らしいと思いませんか?

手帳自体はシンプルなんですけどね。

ここら辺がほぼ日手帳の魅力です。

最後に

ほぼ日手帳に興味のある方は下記のサイトを参考にしましょう。

https://www.1101.com/store/techo/

ほぼ日手帳の公式サイトになります。

手帳の購入も出来るのですが、手帳の使い方が紹介されていたりするのでとても参考になるかと思います。

ほぼ日手帳カテゴリの最新記事