無線給電の時代が到来するのか?「iphone8/X」に標準搭載?

Apple商品

スポンサーリンク

今、旬の話題。それは「iphone8/X」が9月12日に予定されていることである。既に色々な憶測が流れているが、その中でも自分が注目しているのは「無線給電」である。

iphone8/X」に関してはホームボタンが無くなる、指紋認証に代わり顔認証になる等々、色々な憶測が流れているが、個人的には「無線給電」が気になっている。

アップルは時代の先端技術を採用し、新しい時代を切り開いていくことに長けているからだ。元々スマートフォンもどきの物は日本でも開発・販売していたが、全然売れなかった。アップルは新技術を開発するのが得意なのではなく、既にある技術を使いやすいようにユーザーに提供するのが得意な会社なのだ。

現に「iphone」の誕生によりスマートフォンが当たり前の時代となっている。コンピューターに関してもGUI(グラフィカルユーザインタフェース)を初めて採用してパソコンを販売したのはアップルだ。マイクロソフトではない。マイクロソフトは後出しで営業力に長けていたのだと思う。だから、「パソコン=Windows」の構図が出来たのだと思っている。やはりなんだかんだ言ってもApple社の時代を切り開く力は凄い

スポンサーリンク

「無線給電」時代が当たり前になる?

この注目している「無線給電」であるが、マイクロ波を利用して給電を行う。この無線給電が当たり前になってくると、究極の話をすると電線がなくなるのだ。道の横に立っている電柱、邪魔じゃありませんか?

そして、電柱と電柱の間に電線があり、そこに鳥が留まり糞をする。良く自動車に鳥の糞が知らぬ間に付着していて嫌な思いした経験のある方、多いですよね。東京電力にクレームを入れると、電線に鳥が留まりずらくする細い線をつけてくれるって知ってました?

自動車も電気自動車が少しずつ普及し始め、EVステーションも少しばかり目にする機会も増えてきている。しかし、この「無線給電」が社会インフラになると走行しながら給電されるようになる。EVステーションすら必要なくなります。

凄くないですか?

コンセントも必要なくなり電柱もなくなり電線もなくなる?

勿論、今回の「iphone8/X」は「無線給電」と言っても、コンセントは必要なはずなんですが、「ケーブルが要らなくなる?」って将来どこまで実現していくかは分かりませんが、時代を先取りする技術採用のスケールが大きいと思いませんか?

当然ですが技術的には既にあるものですよ。それを商品に搭載する!!

何かが始まる予兆」を感じませんか!?

ただし、問題点もある

この「無線給電」は技術的には出来ているものであるが、課題点は色々あるようです。マイクロ波を利用するのですが、これ自体は電子レンジなんかと同じようなものらしいです。しかし本格的な社会インフラへの採用となると、携帯電話などの無線電波との干渉問題が発生する可能性が大きく、究極の「無線給電」に辿り着くには課題もあるとのことです。

でも、スマートフォンって布団の中で利用することありませんか?

自分は枕元にコンセントがあるのでケーブルを差したまま寝ながらスマートフォンやタブレットを利用することが多いのですが、「無線給電」になればケーブルが不要になるので、ケーブルの長さや絡み付きに依存せずに自由に布団の中で利用できます。凄いですね「iphone8/X」。

購入するかは別ですが、「無線給電」という新しい時代の到来を予兆させる今回のモデル。さすが、時代を切り拓いてきたApple社だと思い知らされるニュースネタでした。

【格安スマホなら】
【UQモバイル】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です