どうせやるなら、その道のプロを目指せ!!上には上がいるがプロフェッショナルであることを自覚せよ!!

コンピューター

スポンサーリンク

Pocket

自分は大学卒業と同時にシステムエンジニア(SE)となったのだが、今までこの道のプロだと思って活動してきた。いくらサラリーマンと言えども、いつ会社が潰れても行き場を失わないように技術を磨いてきたつもりだ。

色々なサイトを見てきた経験上、皆さんサイトを立ち上げるのに苦労されている方多いみたいですが、自分は全く触ったことのない「WordPress」 を本も読まずに、手探りでサイトを立ち上げました。PHPって言語自体も初めて触るが、何のことはない。ちょっと言語が違うだけで、プログラムを組むという事の本質は何も変わらない。これは自分を最初にシステムエンジニアのあり方・開発の仕方を教育してくれた先輩にお礼を言いたい。お会いすることはもうないが、今でもその先輩を尊敬している

どちらかというとWordPressの仕組みを読解することに少し骨を折った位なもので、こんなサイト立ち上げるの大したことはない。ハッキリって素人でも全然できる。このようなサイトを作るのを生業にしている人達がいることも知っているし、この程度のサイトの立上げで3桁万円のお金を頂けることも知っている。

本当のシステムエンジニアの技術ってやつは特定分野だけでなく、少しくらい開発環境が変わったとしても環境に対応していけるのがプロだ。世の中にはなんちゃってシステムエンジニアのサラリーマンが蔓延している

なにせ初めたばかりの人間のサイトでWordPressの技術記事を参考にしてくれるなんっちゃってエンジニアがいるのだから。恐らく昼間のアクセスなんかは間違いなく仕事で必要としている人間のアクセスである。「本当にその道のプロなんですか?」と問いたい。WordPressを始めたばかりの人間のWordPressの利用方法を参考にして貰えるのだから、有難い世の中だ。

スポンサーリンク

どうせ目指すなら本物のプロフェッショナルだ!!

別に著名人にならなくても良い。地道に人影に隠れていて全く問題ない。それでもその道をいくのであれば「プロ意識」を持って活動したい。「価格.COM」のような大きなサイトでなくても良い。あそこまでなると組織になってしまう。あくまでも一個人で出来るサイト運営で十分である。それでもきちんと生活できる収入が得られればプロである。上を見たらキリがない。上には上がいるものだ。

アフィリエイターは立派な職業だ!!

自分は思う。アフィリエイターは有益な情報発信をし、その見返りとして広告収入を得る職業。YouTuberも俳優さんもエンターテイナー等も不安定な職業かもしれないが、立派な職業である。

なぜ、サラリーマンが当然みたいな風潮が世の中にあるのか?

不思議でならない

どんな職業の方でも、その道のプロとして意識をもって仕事をしているはず。何故、脱サラすることを良く思わない人間がいるのだろうか?

そんなに「安定」って魅力的なのだろうか?

10人のアフィリエイターが居たら9割が1年で挫折するという現実。
きっと難しい世界なのだろう。だからこそ諦めずに続けていれば何か良いことがあるような気がするのは気のせいなのだろうか?

どんな道に進もうとも大変なのだ。
サラリーマンも忍耐が無かったらやってられないだろう。

やりたいことを職業にすることが一番楽しくて充実するのではないか?

自分はそう感じる!!

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です