物作り大国日本!大丈夫か組織の隠ぺい体質!ISOやJIS審査って何しているの?

組織

スポンサーリンク

日本の製造業業界が揺らぎ始めている。東芝の粉飾決算に始まり、神戸製鋼の問題から、日産自動車の無資格者による出荷審査。そしてSUBARUまでもが!以前は三菱自動車が世の中を騒がせていた時代もあったが、ハッキリ言って何処の会社もやってるんじゃないの?世界No.1メーカーのトヨタ自動車は大丈夫なのか?これだけ続くと疑わざる得ない。

SUBARUって今はTOYOTAの傘下であるはず。以前、世の中の連中は散々三菱自動車を叩いたが、蓋を開けてみたら何処のメーカーも似たようなことしてるんじゃないか。もう何を信じれば良いのか分からなくなっている。

製造業で成立しているような日本が、その物の品質を疑わなくてはいけないような事態になっている。こういう問題があっても関係なく日経平均が上昇する。意味不明である。日本から製造業を取り上げたら何が残るのだろうか?

多分、国として成立しないような気がするのだが。

スポンサーリンク

物創り大国日本の信頼が失われかねない問題

正直、神戸製鋼なり日産自動車なりSUBARUなり、今話題になっているようなメーカーは正直に白状したが、他のメーカーが大丈夫なのか正直心配である。この手の大手メーカーになると東芝みたいな粉飾決算があってもおかしくないんじゃないか?っと思い始めてしまう。

もう何がニュースになっても驚かなくなってきてしまっている。そもそも組織が大きくなれば成るほど、統制をとるのは難しいような気がします。昔から行われたと言うが、関わってきて来た人は、それが普通だと思っている。悪いという認識はない。それは本人が悪いわけではない。そうなってしまった組織が悪いのである

ただ、その組織が悪いだけでは済まないのでは?

認証機関って何をしているんだろうか?

今やどこのメーカーも「ISO○○○○」って言うのを取得することがステータスみたいになっていますが、あのような認証機関はいったい何を審査しているのだろうか?どこのメーカーも審査を受けるためにお金を払い、意味不明な無駄な文書ファイルを作成し審査に備える。あれほど無駄な労力はない。私もそのようなメーカーに勤めていたことありますが審査対策の為の労力は無駄以外の何物でもない。

審査自体に問題はないのか?

本来なら審査の段階で問題点を見つけ出すことが本来のあるべき姿なのではないかと思う。それを数日のファイル確認で終えてしまう審査なんて意味がないのでは?

物作り大国日本を守るために、認証機関がしっかりしないといけないのではないかと思う。きっと審査している人達も、業務内容までは審査できなのだろう。

でも、それってどうなの?

天下り団体と言われても仕方がないのでは?

あのような認証機関は基本的に財団法人なのだろう。この一連の問題は根本的な仕組みがおかしいのだと感じている。自分的には、もしそのメーカーが何かの認証を受けているのであれば、その認証機関にも責任があるのではないかと感じている。

早期発見されていれば、きっと大きな問題にならないはず。それを見つけられなかった認証機関や監査法人にも問題があるような気がする。

きっとどこの会社も何かしらある。表面化していないだけだと感じる。これで大丈夫なのかな日本の製造業は。

このままでは日本の未来が危ない!

これから生産年齢人口が減少していく日本。このままだと他国に製造業のシェアを奪われかねない。日本の製造業は成熟期になっているにも関わらず、このような問題が今になって表面化してきている。何か危機感を持たないと、日本自体が沈没するんでは?っと思ってしまうのですが。

組織って言うのは怖いな!

そこに入ればそれに従うのが従業員。そういう本質を見抜ける人は組織に属していることが苦痛に感じてくる。「安定」という魅惑で組織が人をダメにしている

人材教育?

ハッキリ言って意味ありません。学ぶのは自分であり、基本的に自らが学ぶことを選択した時に組織が手助けすれば良いだけです。強制的な人材教育ほど無駄な事はない。

組織に属すと生きずらい人いませんか?

私もその一人なのですが、組織に理不尽に振り回されることが苦痛でたまらない。そうやって心が病んでいく。真面目な人ほど理不尽な事を受け入れることが出来ない。上手く乗りこなせる人が羨ましくてならない。そのような人の半分は理不尽な事だとわかっていても割り切っている。そして残りの半分は理不尽なこと自体に気付いていないかのどちらかである。

あ~あ。嫌な世の中だな。

自分も割り切れたら今のようにはなっていないんだろうな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です