家庭のお金の出入り「家計収支」を把握することが、セミリタイアできるかの判断材料となる

家計

スポンサーリンク

資産運用とはお金に有意義に働いてもらいお金を増やすことである。しかし実際、資産運用に回せるお金がどの位あるのか?これを把握しなことには無謀なセミリタイアになってしまう。よく株式投資で1年で10倍に増やしたとか、そういう数字を目にすることがあるが、もっと現実的な数字目標を設定するべきである。夢を見ることは悪い事ではないが、株式投資で平均でどの程度増やせるか?それにはどの位の資金が必要なのか?もっと現実的に家庭事情を皆をす必要がある。

セミリタイヤ」多くの人がしたいと思う。

しかし、簡単じゃないことを知っているから踏み込めない現実。

サラリーマンという安定収入程、魅力的な職業はないのだ

それが現実!!

スポンサーリンク

家計収支を把握することから始めなければならい

我が家では1年に1回まとめて1年分の家計収支をエクセルを駆使して作成する。「1年にまとめてってそんなの出来ない?」って思いませんか?これが可能なんですよ。我が家はほぼクレジットカードを使用して支払いをする。公共料金を含めコンビニの買い物まで、クレジットカードで支払い出来るものは全てだ。勿論現金でないといけないものもあるのだが、そんなものはお小遣いから出しているので毎月お小遣い〇万円で良いのです。1円単位まで細かくやる必要は全くない。大体で良いのだ。今はネットでクレジットカードの利用状況が出てくるし、そのほかに銀行口座の通帳を把握すれば、1年分の家計収支は1日あればできてしまう。勿論、年末の預金残高もすべて把握できる訳だ。これなら簡単でしょ。

「家計簿」なんてものは詳細に作る必要は全くない

要は家計簿作成を続けられる家庭は良いのだが、共働きのこの時代、そんな手間なんて掛けてられない。家の片づけすら大変なのだから。だからこそクレジットカードでの支払いは便利なのだ。全て支出履歴が把握できる。だから支出項目もザックリだ。多分、「家計簿」をきちんとつけている人は「食材の内容」まで書いている人もいるのでは?我が家ではそこまではしない。教育費、娯楽、食費、といった大まかな範囲で項目訳をしている。細かくすればするほど、自分たちが大変になるだけ。大体把握出来ればいいのである。

知ってますか?

今の時代、スキャナ取込したレシートを送ると家計簿を作ってくれるサービスがあるのを。そんなサービスを利用するのもありなんでしょうね。我が家では使用していませんが。

家計収支を把握しセミリタイヤを計画的に考えよう

セミリタイヤ」したい気持ちは分かるが、あくまでも家計が回ることが前提だ。セミリタイアしても何かしらの収入は必ず必要となるだろう。それをどうやって得るかが一番の問題なのだ。何十億と資産があるのであれば問題ないが、そんな人は本当に僅かな人であろう。アパート・マンション経営でもしていて収入があれば良いのだが、今の時代、アパート・マンション経営も勝ち組・負け組がいるはず。どのような分野でも成功者・失敗者がいるのである。勿論、株式投資のような資産運用も同じである。

だからこそきちんと向き合わなければならない。

自分がどのような分野でなら稼ぐことができるか?

そして幾ら稼げば家庭が成立するのか?

どの分野でも稼ぐ力がないのであれば、サラリーマンは辞めない方が良い

これからの時代は生涯現役になる

今の日本に期待してはいけない。年金で暮そうなんて甘い話だ。30代、40代の方はサラリーマンを円満に定年退職した後のことまで考えないといけない時代だ。定年退職までサラリーマンをしていれば、生涯暮していけるだろうなんて思ってはいけない。今株式投資ではNISA口座なんていうものがあるが、あれは政府が自分達で将来に向けてお金を工面しろ!!っと言っているようなものである。結局は定年退職後も稼ぐ力が必要になるのである。

だから、若いうちに組織から解放されて稼ぐ力を身に付けたい。

っと自分は考えている。

だからこそ今、真剣にセミリタイヤを考えている。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です