健康第一!不要なモノは捨て掃除でスッキリ!

掃除

スポンサーリンク

Pocket

ここ最近、掃除にハマっています@ももやんです。トイレ掃除・浴室掃除が一段落し、今は部屋の片づけと掃除を始めました。

これ始めるととんでもない出口の見えないトンネルにでも入ったような気分になっています。まずモノが多すぎます。知らないうちにモノは増えてしまうんですよね。コレは仕方が無い事です。

でもね、不要なモノに神経を使わなければならない状況が精神的に良くないような気がします。こんなところに置いておいても、誰の目にも触れずに永遠に使われないままのモノありませんか?

そんなモノ、早く捨てた方が良いですよ。きっと使う時になると、その場所にあることすら気付かず新しく買ってしまうのですから。(〃艸〃)ムフッ

2~3年使用していないモノは基本的に二度と使わないんじゃない?

そんなモノ捨ててしまえ!

モノが多くあるから片付かない部屋になり掃除も苦労するんです。そしてそこに住む人たちの健康にも影響が出てきてしまいます。運気という奴ですかね。

我が家にはハサミが沢山あるのに必要な時に見つからない状況となっていました。今回掃除していたらタマタマ新品のハサミを見つけてしまい「どうなってるんだ!」と心の中で叫んでしまいました。

結局、片付け掃除をしていないと「無駄なお金を浪費してしまう」というコトに繋がるというコトです。

スポンサーリンク

片付け・掃除を楽する方法!

家事の中でも片付けや掃除って、やってもやっても先の見えない作業じゃないですか?ある程度の妥協も必要なのかな?と思ってしまいます。

隅々のホコリなんて酷いもんですよ。今片っ端から雑巾がけしています。脚立を使用して部屋の上部分の淵にあるようなホコリ。

アレふざけてます。

きっとそこにホコリが溜まるというコトは普段、ソコからホコリが舞ってきているというコトです。っと言うコトは住んでいる人はそのホコリを知らずに吸っている。

考えただけで恐ろしいです・・・。ホコリだけなら良いのですが、カビも混じってるんじゃない?

こんなの健康の維持が出来る訳ないよな。こんな単純なことに今頃私は気付きました。

風水は大切ですが掃除はもっと大切!

私自身は「風水」は理にかなったモノだと思っているのですが、家の中をキレイに保つことが一番大切なんじゃないかな?と思うんです。

掃除もしないで風水に関連するグッズや色を意識しても、汚ければ意味が無いのでは?

カビにホコリのように人に害があるようなモノを取り除かないのは、幾ら風水の良いインテリアにしても運気が上がる訳がない。

だから運気を上げたらければ掃除だよ!

ホコリとカビなんてものが人間の健康に良いモノであるハズがない。人は健康が一番大切なんです。健康があって生活が成立するんですよきっと。

一気に掃除をしようとするから大変!

大抵の人は部屋が汚くなって、コレはヤバいなと感じてから掃除をする人が多いのではないかと私は思っています。

事実、私がそうでした。

今回バカみたいに家中を掃除しまくっているのですが、何となく毎日少しずつやれば楽なんじゃない?と少し思える自分がいます。

習慣の問題もかなり大きいような気がしています。ソコに住む人の習慣を変えてやれば片付け・掃除は楽になるのではないか?と思い始めてきています。

少しずつ少しずつ。一気にやろうとすると疲れてしまいますから。自分のペースでやれば良いんですよ。

モノを置く位置を決めてしまえ!

この当たり前のことが出来ないから大変になるんですよね。床にモノを置く習慣を辞めよう!

コレが出来れば片付けは相当楽になるハズです。ただコレが出来ないんですよ。家に住んでいる人全員が守らないと意味がない。

使ったら元に戻す!基本中の基本ですね。

でもコレがなかなか出来ない。ヒトって楽な方に流れてしまうんですかね。そして知らず知らずのうちに片づけと掃除が億劫になり妥協していくのでしょう。難しいよね、行動のコントロールというモノは。

出来ていれば誰も苦労しね〜よ!

無駄な収納箱を作らない!

コレが意外な落とし穴です。収納に便利な箱なんかを用意した途端に、その箱の中は謎の箱に。そしてその中のモノは使う機会を失くします。

こんな箱を使ってませんか?

作った時は綺麗に整頓出来た気分になるのでしょう。だけどソコに収納出来るスペースがあると、知らないうちにモノを突っ込むようになるんですよ。

どんどん意味不明な収納箱に変貌し、不要なモノに変化していきます。

特に郵便物や紙類がとんでもないですね。何であんなに紙が家にあるのかが未だにわかりません。デジタル社会になっているにも関わらず、今でも紙は欠かせないモノなのでしょう。

微妙な紙類は電子化しちゃえ!

紙がなかなか捨てられない現実問題があります。例えば毎年のように送付されてくる契約保険内容書類や子供関連の学校からの連絡文書、大したことのない賞状や思い出の絵画作品など・・・。

邪魔だけどなかなか捨てられない紙類。

確かに全て捨てることには誰にでも抵抗があるハズです。特に思い出になるようなモノはなかなか捨てられません。かと言って未来に見直すことは殆どない・・・。もしかしたら20年後に見た時に思い出すこともあるかもしれない。多分、この思いがあるから捨てられないのでしょう。

だから私は考えました。全ての紙を捨てることは出来ません。ただ重要度を付けて電子化して紙を捨てることを検討しても良いのかな?

今はスマホで簡単に紙を写真撮影して残すことが可能です。これも一度にやろうとすると大変なので少しずつです。流石に全ての紙を電子化して捨てることは難しいような気がします。

出来るモノからやれば良いんですよ。人が1日で使える時間は限られている訳ですから、無理はしない。

Pocket

スポンサーリンク

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です