NHK受信料の支払いを巡り最高裁での初判決の行方は「合憲」!

テレビ

スポンサーリンク

Pocket

本日午後、最高裁判所にて「NHK受信料制度が合憲か?」という初の判断が下されました。

結果は「合憲」。

今回NHKから訴えられた人が最高裁まで戦ったのは凄いパワーがある方だなと感心してしまいます。正直「NHK受信料制度」そのものがどうなの?って私個人的にも感じるのですが。

テレビを設置したらNHK受信料の支払い義務が生じる。しかも、支払いしていない人はテレビを設置した日まで遡って支払い義務が生じるとのこと。

現在3割位の方が支払い未納らしいです。今回のこの判決でNHKは未納者に対して強気な姿勢で向かってくるのでしょう。

一軒家に住んでいる方だと恐らく大半の家庭は負担しているとは思います。恐らく一人暮らしで昼間家に居ないような人が支払えていないのが現状なんだと思います。

また大学生の一人暮らしや単身赴任で別宅に住まなくてはいけない場合についてはどうなんですかね?なんか徴収される場合とそうでない場合がイマイチ分かりずらいです。

スポンサーリンク

「NHK受信料制度」に欠陥はないのか?

最高裁判所で合憲と判断されたからには、約3割の未納の方にNHKが強気な姿勢で来るのは目に見えているのですが、そもそもこの制度どうなの?

NHK集金者が一軒一軒見て回って徴収する制度自体がおかしくないか?

キチンと支払いしている人だと年契約で支払いしている方が多いとは思います。年支払いで少しばかりお得という理由なのですが、この問題を今まで野放しにしてきたNHKにも問題があるのでは?

しかもNHK職員の好待遇な給与はどうなっているんだろうか?結構ふざけているような気がしてならない。

確かに支払っている人と支払っていない人で不公平という話もあります。しかし、そんな事よりもNHKの体質が改善されない事には納得する人は少ないんじゃないかな。

何故TV購入時にNHK契約をする仕組みを作らないのか?

このNHK受信料に関してはどういう単位で契約を結ばなくてはいけないのかが、かなり不明です。一軒家でTVを設置した場合は分かるのですが、アパートの場合なんかは世帯単位になる。しかし、寮みたいな場所だと寮単位での契約ですよね。

一人の人が複数の家を持っていた場合には家毎に取られるんですよね?なんかおかしくないか?

こんなのTVを購入する時にNHK受信料を上乗せして販売すれば良いんじゃないの?そうすればNHK職員減らせるんじゃないか?

特にNHK受信料の集金者の人件費が一番無駄に思えるのですが。そもそも集金している人が年収1,000万円超える噂も一時期流れていましたが、本当だったらふざけているとしか言いようがない。

NHK受信料を無駄なく有意義に使って貰いたい!

因みに私はNHK受信料は年契約で支払っています。一軒家なので逃れることが出来ません。しかし支払っているが、あの金額は意味不明にしか思えない。

例えば支払っていない3割の人が支払ったと仮定すると、今以上に無駄なお金をNHKは使うというコトですよね?NHK職員のボーナスが良くなるのでしょうか?

逆に3割の人が支払うようになったらNHK受信料は下がるのでしょうか?

きっと値下げはないですよね。NHKは確かに無くては困る放送かもしれませんが、自ら身を削る覚悟はないですよね。甘い蜜しか吸っていないようにしか思えないのですが。

きっと根本的な問題はソコにあるような気がするのですが。

判決は間違っていないが、NHKに効率運営の義務は有る!

NHK受信料の支払いについて「合憲」は正しい判決だと思いますが、NHK側に対して徴収した受信料を効率的に使用する義務があること位までは最高裁で言って欲しかったですね。

もし今回の判決が「違憲」だとしたら、NHK受信料を支払っている人が皆支払わなくなるというパニックに陥る事態にもなりかねないので、最高裁の判決は当然の結果だと思います。

ま、国家として重要な判決なんでしょう。これ「違憲」だったら、行政に負担が行くことになりますからね。最初から決まっていた判決なんでしょう。

NHK受信料の問題は支払う支払わないも大切ですが、NHK運営そのものを見直す必要が有るというコトなんじゃないかな?

今回訴えられた人、よくココまで戦いましたね。負けはしましたが重要な意味を持つ行動だったのではないでしょうか?

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です